看護師1年目 初任給・給料・ボーナス・年収の総計額

2020年6月8日

看護師1年目初任給 賞与 年収

こんにちは。
看護師あんこです。

看護師の給料は世間では「高い」と言われますが、実際に働いてみて、仕事内容・仕事量を考えると良い年収とは全く思えません。

看護師の給料は何故高いと言われる部類に入るのか?

それは、夜勤手当てがある為、給料が高くなるのです。

看護師1年目の数ヶ月は研修期間です。

夜勤がなく、基本給と手当てのみの給料。

夜勤なしの研修期間の看護師給料はかなり低いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

看護師 初任給〜夜勤なし〜

看護師1年目夜勤なしの初任給
病棟勤務 看護師1年目の給与は、以下の通りでした。

《あんこの場合:正看護師・3年専門卒・二次救急・総合病院》

・基本給 約20万
・資格手当て 約3万
・職務手当て 約2万

・残業なし
・住宅手当てなし
・危険手当てなし

給料合計約25万円。

25万から、年金、保険料などが差し引かれ、手取りの給料は20万位でした。

これが夜勤が始まる前の給料の実態です。給料・・・安いですね。

しかし、他の病院と比較し、私は良い給料だったと思います。

学校直属の大きな(全国にある)総合病院で働く人は、基本給が約18万+手当て=22-23万位。

ここから、年金や保険が引かれ、寮に住む人は家賃が引かれていたので、さらに差引きされ、手取りの給料は約16万円位のスタートでした。

看護師1年目の月給〜夜勤あり〜

看護師1年目の月収 夜勤あり

夜勤が始まると、1年目から夜勤1回の稼働につき1万円〜2万弱が給料に加算されます。

夜勤手当ては、病院によって給料の差が大きいです。

私が看護師1年目で就職した病院は、夜勤手当て1回につき23,000円でした。

この夜勤手当ては、かなり高めの給料だと思います。

1年目で夜勤回数は月平均4回程でした。

つまり、夜勤手当てのみで、給料が32000円x4回=92000円分給料がプラスとなります。

夜勤の有無で給料が全く異なります。

病棟勤務で夜勤が無いと、かなり低い給料となります。

看護師1年目の夏 初回ボーナス

看護師1年目 新人看護師 夏 初回ボーナス

4月入職し、研修を経て、1年目で現場に出るのが5月頃。

1年目の夏に初めてのボーナスがありますが、(私が勤務していた病院では)満額のボーナスではありませんでした。

記憶では、夏ボーナスの手取りは8万円程度だったと思います。

一部の大きな病院では、看護師1年目のボーナスから満額のボーナスが貰えるという話も聞いたことがありますが、満額でない病院がほとんどだと思います。

ボーナスは入職から何ヶ月後に出るのか、就労規約で確認するか、転職の際は看護師転職サイトのアドバイザーに聞いてみて下さい。

看護師1年目の冬 満額ボーナス

看護師1年目 新人看護師 冬 ボーナス

1年目の冬ボーナスは通常であれば、満額のボーナスを貰えます。

求人や友人に聞いてみると、年に基本給の3〜4ヶ月分が一般的なボーナス額だと思います。

つまり、夏2ヶ月、冬2ヶ月がボーナスとして支給されます。

年3ヶ月という病院では、夏1ヶ月、冬2ヶ月。というボーナスの割合が多く聞きます。

注意しておきたいことは、ボーナスは「基本給/月」に対して何ヶ月分貰えるか。ということです。

給料の手当てとして加算されている項目は、対象外となりますので、基本給以外の諸手当ての金額は一切関係ありません。

看護師1年目の年収総額

看護師1年目 新人看護師 年収
看護師1年目の年収はざっくりと計算しますと、423万円程度でした。

《内訳》
基本給20万/月x12ヶ月=240万
資格・業務手当て5万/月x12ヶ月=60万
夜勤9.2万円/月x8ヶ月=73万
夏ボーナス 10万程度x1ヶ月=10万
(転職済だが、勤務していたと仮定)冬ボーナス 20万x2ヶ月=40万

1年目に私が勤務していた給料事情は1年目にしてはかなり良い年収だったと思います。

看護師1年目での平均年収は300万円台半ば〜後半の年収が多いのではないでしょうか。

自分の感情に対し、正直に生きる

看護師1年目 自分の感情 正直に生きる

私は、社会人経験があり、前職ではある程度の給料を貰っていたので低い給料で責任の重い仕事はしたくありませんでした。

学校直属の病院で3年間の御礼奉公をすれば奨学金返金なしでしたが、学校直属の病院は給料が低い為、ある程度給料が貰える病院を選びました。

私は看護師1年目での転職。

転職後の年収は1年目で500万近くへ。

もちろん、給料(年収)は高めの勤務先を選びました。

2年目以降は基本給も増えて、年収500万以上の給料を貰えるようになりました。

看護職という労働をする上で、私の場合、給料は前職より高い年収の水準で働けないとモチベーションが保てなかったので、給料面は重視した条件の一つでした。

お金が全てではありませんが、自分の生活を守る上で給料は重要な条件となります。

キレイ事だけでは生きていけませんし、自分に正直でいないと、いつかストレスが溜まったり、やる気が起きなくなったり、モチベーションが保てなくなり、結局、自分の感情に歪みが生じてきます。

私にとって、仕事だけが人生ではないですし、むしろプライベートを大切にしたいと考えています。

ですので、ワークライフバランスをしっかり保てる事が看護師として働く条件となっています。

皆さんも自分の人生において何を優先したいのか。どのように過ごして行きたいのか。一度考えてみると良いかもしれません。

スポンサーリンク