新人看護師1年目転職 甘くない現実だった。

2020年9月13日

こんにちは、看護師あんこです。

1年目の転職を考えている方、看護師を辞めたい方は沢山います。

きっと、そんな思いでブログをご覧になっているのかと思います。

看護師1年目の方は、新しい事だらけの毎日で、"看護師資格保有者"という重圧や人間関係に苦しんでいるかもしれませんね。

私も看護師1年目に現場に入ってからは、業務が忙し過ぎて精神的に病んでいく日々でした。

毎日、悩みやストレスが溜まる一方、仕事に行きたくない、看護師に向いていない、看護師辞めたい、適応障害。と順を追って精神が蝕まれていきました。

適応障害の診断が降りた後、私の看護師1年目転職ストーリーをご紹介します。

スポンサーリンク

看護師1年目就職先での離職率

私の看護学校は、全国にいくつもある総合病院付属の看護学校でした。

しかし、看護実習で病院スタッフのイメージが酷く悪く就職したくなかった為、看護師転職サイトに登録・紹介を受けて就職を行いました。

結果、看護師1年目は生まれ育った地元の総合病院に就職しました。

看護師の入職者は合計6人。

1年以内に転職した看護師は5人。残留者1人。

1年目看護師の離職率80%でした。

看護師資格があれば仕事があるという妄想

私は世間でいう"看護師は仕事がある" “いつまでも看護師資格があれば働ける" “就職・転職に困らない" “給与が高い"。

これらは幻です。

仕事を選ばなければ確かにあるかもしれません。

しかし、潜在看護師の数は多く、資格だけ持っているが働いていない看護師が多いのが現場です。

(看護資格保有者>看護師労働者数)

やりたくない事をして過ごす時間は苦痛・ストレスの塊で、人生の無駄ですし、現場から看護師が離れている事がリアルな世界なのです。

1年目看護師は資格は持っているが、キャリアがない。

つまり、選択肢は狭く、1年目看護師が転職する際、キャリアがなくても教育しますよーという現場でなければ面談を受け入れてくれません。

しかし、私はどうしても看護師1年目の就職先を辞めたかったのです。

そこで、強い味方。

看護師1年目で複数の看護師転職サイトに登録を行い、転職活動開始!

困難を極めたポイントは3つ。

  • 自分が魅力を感じる職場が新卒を受入れていない
  • 新卒を受入れているが自分の理想条件と職場環境の条件が一致しない
  • 新卒を受入れているが給与が少ない・夜勤がある

看護師資格持ってるのに、選べないじゃん!という現実を突きつけられたのです。。

看護師1年目転職の現実

看護師1年目での転職はやや困難を来しました。

話を聞いて"やってみたい!" “良さそうな職場〜" “給料いいじゃん!"など、掘出し物は沢山ありました。

しかし、"現場経験○年以上" “〇〇での経験要" “病棟経験○年以上"などが多いのです。

つまり即戦力を病院側は求めているのです。

転職アドバイザーにも言われました。

“看護師3年以上ないとなかなか選ぶのは難しいです"

すぐに看護師を辞めた私にとって看護師3年なんて遠い世界。現実を突きつけられました。

看護職自体を辞めるか、看護師転職するかの選択を迫られたのです。

看護師転職サイトアドバイザーからの魔法の言葉

看護職を辞めようか悩んでいた頃、看護師転職サイトの担当アドバイザーと何時間も電話で相談しました。

そして、納得の一言を言われたのです。

“どうせ看護師辞めるのであれば、もう一度看護師やってみて嫌なら辞めれば良いんじゃないですかね?"

確かにそうだ!

辞めるのはいつでも出来る。簡単。

社会人として良くないが、最悪の場合、電話1本で辞められる。

この魔法の言葉で、看護師転職活動を始めたのです。

再起をかけた看護師転職

私の絶対に譲れない条件は、夜勤なし・給与高め・通勤時間1h以内。3つ。

自分のこだわり、譲れない条件をしっかり自分で分からないと転職の求人選びで軸がブレます。

自分が提示した条件での難関は、"給与が高くて夜勤なし"。

看護師の給与は、基本給が安く夜勤手当てがあってこそ、ある程度給料が貰えます。

夜勤なしで給与がある程度良い就職先はだいたい分野が決まっていますので、その中から選ぶ事にしました。

選んでも、看護師1年目は即戦力にならない為、面談を断られることも多々ありました。

看護師資格を持っていても面談すら受けられないのです。

しかし、私の担当アドバイザーは必死に看護師求人情報を探し、提示してくれたり、面談してくれるか何社も聞いてくれたのです。

また、条件は良いが、給与が低い就職先に関しては、月額の昇給も交渉してくれて、見事OKが出ました。

何度も何度も、看護師転職サイトのアドバイザーと面談を重ね、自分と向き合いました。

私が看護師1年目の転職で選んだ職場

2社面接OKが出て、面談。2つのクリニック共に合格を頂きました。

最終的に選んだのは、精神科のクリニックでした。

看護師1年目OK、夜勤なし、給与良い。

私の2つの条件を満たしています。

しかし、内部事情に少々難があるとの事でアドバイザーさんから助言してくれたのです。

詳細は伏せますが、以前OLをしていたので、病院も"一.企業"として考えると私は受け入れる事が出来ました。

選んだ結果、1年目で転職し、給料も大幅に増え、人間関係も良好。

大成功の転職でしたが、面談すら受けれない事も続いたので看護師1年目の転職は楽ではないと実感しました。

看護師転職の担当アドバイザーがとても優秀だったので、精神面のサポートや転職の相談などとても力になってくれました。

今まで登録した中で、信頼度No.1のアドバイザーで今でも連絡をとっています。

当然、私もこのアドバイザーに恩がありますし、信頼出来る方なので、何人もの看護師の友人を紹介しました。

その友人達も看護師1年目だったので、面談まで進めなかったり、面談で落ちたりしていましたが、皆さん、結果的に看護師1年目で無事に転職出来ました。

“看護師資格を持っていれば仕事はある"というのは、キャリアがなければ容易ではなかったのです。

看護師1年目の転職を成功させるには?

看護師1年目の転職は、なかなか簡単には行かなかった体験を記載しました。

とはいえ、看護師を続けるにはストレスで限界。すぐに辞めたい。という方も多いと思います。

では、どうしたら良いか、、

分からない事は、看護師転職サイト プロのアドバイザーを味方につけましょう。

そして、希望や看護師1年目でも面談してくれる病院やクリニックなどを探してもらいましょう。

看護師は色々な働き方があります。

将来のライフプランも視野に入れ、自身の働きやすい職場を早めに見つけておくと良いと思います。

その為にはとことん、自分と向き合いましょう。

スポンサーリンク