看護師 1年目休み・有給・連休の上手な取り方

2020年6月14日

新人看護師 看護師1年目 シフト・休み希望・有給・連休の取り方

こんにちは。

あんこです。

看護職の現場として先ず知っておきたい事。

100%は当てはまらないと思いますが、ほとんどが縦社会だと思います。

縦社会という事は、上下関係があるという事です。

煩わしさも当然ありますし、人間関係で悩む人も沢山います。

つまり、休みの取り方も、先輩に対する忖度が必要な業界が多いのです。

特に1年目のGW・連休・年末年始などに関しては、肩身が狭いかと思います。

特に長期休暇や夏休み・年末年始などに関して、1年目の新人は優先順位は低い傾向にあります。

スポンサーリンク

看護師1年目 有給はとれる?

新人看護師 看護師1年目 有給 取り方

私が1年目の頃は、働き方改革が施行されてない時期。

1年目の新人はあまり有給を使っていないのが現状でした。

病棟勤務の時、先輩も有給を利用している人や長期休暇も取得する人がいない現場でした。

1年目の新人は連休を取る際には、公休と祝日を組み合わせて調整する形で取得。

病院によっては、有給休暇を取得出来る病院はあると思いますが、業務も責任も重くのしかかる1年目。

体調不良で利用するという人はもちろんいましたが、有給を利用して(娯楽目的で)休みを取る。という人は私の周りにはいませんでした。

しかし、2018年6月働き方改革関連法が成立。

この法律により、有給休暇取得が義務化されました。

年次有給休暇が10日以上付与された場合、付与日から1年以内に5日間の有給を取得出来るのです。(非常勤・パートも含む)

以前より、有給休暇が義務化され、看護師1年目でも取りやすい環境にはなっているかもしれません。

病院によって、休暇の取りやすさは異なるので、2年目の先輩に聞いてみると良いでしょう。

看護師1年目 連休の取り方

新人看護師 看護師1年目 連休 取り方

1年目で連休を取りたい時は、何かしらの理由があると思います。

実家に帰る、家族との予定、子供の予定など。。

その場合は、シフト作成は師長が行っていると思うので、師長へ相談しましょう。

夜勤や他の看護師との休みを調整してくれると思います。

また、1年目が連休を取る場合は、しっかりと理由を述べた方が協力を得やすいでしょう。

何故って、、師長になるご年齢。上下関係の厳しい時代を生き抜いてきた人だからです。

結局、師長の時代も縦社会が基本となっており、1年目が安易に連休を取る事はあまり良い印象はないでしょう。

しっかり理由があれば、理解のある師長なら協力的に動いてくれるでしょう。

1年目の同僚は実家が遠方の為、夜勤・公休・祝日を組み合わせて最大限に連休を作り、実家に帰っていました。

看護師1年目の有給が職場で快く受け入れてもらえる職場であれば良いですが、なかなかそういう雰囲気の病院は無いと思います。

ただでさえ、看護師の人数が少ない現場。1年目は空気を読む事が必要なのです・・・

この状況に加えて、子供を持つ先輩は突然休んだり、早退するのです。

・子供が風邪をひいた
・子供が熱を出した
・保育園や学校で熱を出した など。

家庭の事情で休むということは仕方のない事ですが、年数の浅い看護師や独身看護師に負担がかかる傾向にあるのも現状です。

また、病院によっては、准看護師に奨学金を出し、正看の資格を取るため学校に行っている人もいます。

つまり、人数がいても、実質フルで安定的に働ける人は限られており、シングル・経験の浅い看護師に仕事の負担が重くなるのも現状です。

特に、夜勤は良い例だと思います。

子供の行事や急な休みで夜勤が出来ない看護師がいます。

この場合、代替の看護師が必要となり、代理で夜勤に入る必要性も出てきます。

夜勤をして稼ぎたい。という人にとっては良いでしょう。私の職場にも夜勤を快諾してくれていた先輩がいました。

しかし、生活リズムが乱される夜勤はやりたくない人の割合が多いと思います。

話が少々逸れましたが、看護師1年目は仕事が多忙で仕事に慣れようとする事で精一杯かと思います。

また、縦社会の傾向が強いので、1年目は先輩の休みも考慮して連休を取った方が良いでしょう。

しかし、1年目でも帰省や家族との都合もあるかと思います。その際は師長へ先ず相談しましょう。

看護師1年目転職後の有給消化状況

看護師1年目 新人看護師 転職 有給消化

私は看護師1年目での転職を経て、迷いながらも看護職を続けることにしました。

転職は自分の中では成功と思っており、働く環境が改善されました。

転職した先は、夜勤なしのクリニック。

介護士など、どの職種でも公休希望や有給も取りやすく、ほぼ希望通りに取得出来、有給に関しても自由に休め、連休を取り、旅行にも行けました。

ただ、長期休みに関してはやや取りづらく、師長へ要相談でしたが、とても協力的な方でした。

私は、人生において重視することは仕事よりプライベートなので、休みが自由に取れないとストレスを感じます。

ですので、1年目で転職し、休みに対するストレスがなくなり、過ごしやすく・生きやすくなりました。

今は、ハッピーに過ごせています。

スポンサーリンク