看護師のダイエット方法。

2019-11-19

看護師ダイエット

今日は。
看護師あんこです。

転職をし、年収UP、心のゆとりと時間のゆとりが持てるようになりました。

看護学校を卒業し、働き始めた時は以前より役10キロ体重が増加しており、
お腹周りにお肉がつき、ウエストが以前より無くなり・・鏡を見たくない体型になっていました。

元々Sサイズでしたが、確実にワンサイズ大きくなり、
お気に入りのワンピースもチャックが閉まらない状態となりました。。

元は42kg位の私は約50kg目前まで体重が増加していたのです。
そして、ダイエットを開始しました。

私の太り方

たるみも出て膝の上にお肉が乗っていました。

・筋肉量↓
・体力↓
・脂肪↑
・たるみ↑

その為、筋肉量をUPして引き締め&体力UPを目的にフィットネスクラブへ入会し、
現在は運動の効果もあり、43-44kgを推移しています。

洋服もSサイズに戻り、筋肉量、体力もUPして仕事が以前より疲れなくなりました。

今では、体型維持の為に、毎日運動したいと思えるようになり、運動を行うことが習慣になりました。

運動方法

プールでひたすらビート板でバタ足を行なう。
25mプール×10往復連続して行なう。(所要:約15分)

ほぼ毎日行なっています。

基礎体力が全くなかったので、
上記方法にて、時間内に泳げるまで、私は約5ヶ月位かかりました。

ビート板の効果

・大臀筋が鍛えられ、お尻の筋肉がつき、ヒップアップに効果的です。
・ビート板でお尻を挙上(背筋)+挙上キープ(腹筋)+バタ足(腰〜足全体の筋肉)
⇒下半身全体の筋肉を使うため、足やせ効果があります。
・背中の筋肉を使うので、ウエストがかなり締まりました。
・足全体を動かすことで、血流が良くなり、むくみを改善出来ます。

昔からむくみやすい体質で、朝、鏡を見るのが毎朝嫌でしたが、
プールを始めてからは、顔がむくみにくくなりました。

*上記運動方法に至るまでは、約3ヶ月位かかりました。
体力、持久力をつけるまでに、プールの歩行レーンで毎日30分歩行。
歩行で体力的に余裕が出てきたら、ビート板を使いバタ足を数往復行ないました。

食事の管理

・朝・昼:食べたい物を食べる。(制限なし)
夕食:サラダチキン or おかゆ・野菜少々のみ。
→生理前はどうしてもジャンクフードが食べたくなることも多々あります。

なるべく日中に食べて、夕食は軽めにしています。

・水分を十分に摂る
お腹が空いていると食べ物にばかり目が向いてしまいますが、
水分を多めに摂ることで食べ物に水分が加わり、容量が大きくなり、
満腹感が得られ、食べ過ぎ防止にもなります。

また、水分を摂って、便を出しやすくし、便秘を防止していきましょう。

・便秘予防
便秘になると、腸内に体内のゴミ(便)が溜まった状態となり、有害物質が発生し体内を駆け巡ります。
そして、この有害物質を除去するためにエネルギーが使用され、代謝が落ちてしまいます。
つまり、痩せにくくなってしまうのです。

その為、便秘を予防して過ごしましょう。

自分自身の便秘に効く方法はご存知でしょうか。
私の便秘予防を助けてくれるアイテムは、ヨーグルト・プルーン・青汁です。

・良く噛む
食欲があったり、お腹が空いていると、
気付かない内に、つい早食いになっています。
通常、満腹中枢は、食べる→血糖上昇→血糖上昇認識、脳へ"体内の血糖が十分に上がったよ!"と指令が出ます。

しかし、早食いになると、
血糖の上昇を認識する前に(満腹中枢が刺激される前に)大量の食事が身体の中に取込まれてしまいます。
更に、良く噛むことで、唾液と食物が混ざり、消化器官で消化しやすい状態になります。

お腹が空いていると、食べたいという欲求が先走り、食べるペースが早くなりがちですので、
ひと呼吸して、上記留意点に気をつけて食べて頂けると良いかと思います。

自分が着たい洋服を着て、出かけると満足感が得られて楽しい時間が過ごせると思います。
もし、気になる方法がありましたら是非お試し下さい。