看護師転職サイト使わない方がいい?デメリットは?

2020年9月8日

看護師転職サイト登録はした方が良い

こんにちは、看護師あんこです。

看護師の皆さんは転職の際、看護師転職サイトを使用するかどうか、迷った事はありますか?

看護師転職サイトは利用しない方が良い。

転職サイトを介さないと紹介料が発生する為、合格率が悪い。なども聞いた事があります。

私は、

看護師転職サイトを利用してきましたが、看護師転職の際、1度も面接で落ちた事はありません。

また、

看護師1年目で転職もしています。

そして、看護師転職サイトを利用して、受けた病院も全て受かりました。

看護師転職サイト側から面接前に給与交渉→月給アップ成功→面接→合格もしました。

では、看護師転職サイトを使わない方が良い場合、看護師転職サイトを利用した方が良い場合はどんなケースか?

メリット・デメリットをお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

看護師転職サイト"使用しない"メリット

病院側の金銭的負担が少ない

看護師転職サイトを使用しないのであれば、面接を行う病院側はコスト面で大助かりです。

看護師サイトへ支払う"紹介手数料"が発生しない為、病院側はコスパが良いのです。

看護師を1人病院側に紹介、入職後、一定の期間働くと紹介手数料として、看護師の基本給数ヶ月分を看護師転職サイト側へ支払うそうです(以前務めていた病院情報です)。

上記お話の"メリット"というのは、病院側のメリットが大きいです。

個人で就職活動をすると、当然病院スタッフにとってはウェルカムな対応をされるでしょう。

現場の皆さんは優しく笑顔で挨拶をしてくれます。

しかし、見学などでの医療関係者の印象が良くても、

組織・現場の実態・人間関係の実態はなかなか目に映らないのでリスクが伴うと考えます。

では、どこから情報収集するのか?

看護師転職サイトのアドバイザーから情報を仕入れる事が大切です。

病院側に利点はあるものの、看護師側には情報量が少ないとリスクを負う事になります。

合格率は上がる?かもしれませんが・・・↓

合格率が上がる?

看護師転職サイトへの紹介料がなければ、

合格率は上がる可能性は高いかもしれませんが、ここはグレーでしょう。

病院側が何を求めているかにもよると思われます。

お金を掛けてでもあるポジションを埋めたい・お金を掛けてでも良い人材が欲しい・人員が早急に必要。

このように思えば、看護師転職サイトと組んだ方が、圧倒的に人材の選択肢は広がりますし、時間的にも早いはずです。

病院が人材紹介会社を使うメリットは、お金をかける対価として時間と手間に労力がかからない点にあるでしょう。

募集看護師の条件提示をして、待っていれば紹介がくるので効率的だと思います。

もちろん、第一にお金を掛けずに人を増やしたい。という病院であれば合格率は上がると思います。

看護師募集にお金を掛けたくないのですから。

看護師求人にお金をかけたくない。という思いで採用に決まるのであれば、私はそういった病院にはあまり行きたくない気もします。

経営状態、人材採用にお金を掛けれないということは現場スタッフの質はどうなのか?と考えてしまいます。

転職サイトとの面談や電話連絡の必要がない

看護師転職サイトに登録し、転職を行う場合、案件紹介に至るまで以下プロセスがあります。

  • web登録
  • 看護師転職サイトとの面談
  • 案件紹介
  • 案件絞り+面接日程調整

求人紹介を受けるのであれば、情報提供や話し合いの場があるので、担当者と一緒に進めて行く作業が発生します。

個人で就職・転職活動をするのであれば、転職サイト側との電話やメール・ラインでのやりとりは発生せず、自分のペースで病院探しを行い、病院側の担当者のみと話せば良いことになります。

看護師転職サイト側の担当者から多少の営業トークや押しの強い担当者に当たる可能性があるかもしれませんが、自身で嫌な事や断るべき事はしっかり発信して伝えていく覚悟が必要です。

この部分を疎かにしていると、電話が頻回にかかってきたり、次第いにしつこいと感じるようになる方もいると思います。

自分のペースを守り、他の人には関わりたくない、話したくない、対応が面倒という方にはご自身で動かれた方がストレスが軽減出来るかもしれません。

看護師転職サイト"使用しない"のはこんな方におすすめ

病院の内部情報を知っている方

病院内部事情に詳しい自信のある方、人脈があり内部情報や雇用条件がある程度知らされている方にとっては看護師転職サイトを利用しなくてもさほど不自由はないかもしれません。

看護師転職サイト利用の最大のメリットは、担当アドバイザーから内部情報を聞き出せる点だと私は思っているからです。

(ただし、優秀なアドバイザーでなければ情報を持っていない可能性もあります)

逆説を言えば、

看護師転職サイトから得られる情報がなくても、病院選びに困らないという方は必要性がないかもしれません。

どのような患者の看護を行い、人間関係・組織なのか、自分のキャリア・性格に合っている場所なのか。

これが分かっているのであれば、自分とマッチンングするか否か判断出来ると思います。

医療業界は狭かったり、同業者から病院の話を聞いたりする機会も多いです。

ただ、自身が身を置く現場=就職となるとこのレベルではないので、病院情報に詳しくない方はご注意下さい。

書類関連・面接関連で問題なく対応出来る人

転職活動を全て自分で行う 又は 何らかのサポート体制が知人などにある方です。

転職・就職活動では、履歴書、職務経歴書の提出・面接の日程調整などが主に入ってきます。

履歴書や面接で一番頭を悩ますのが、"退職理由" “志望動機"ではないでしょうか。

実際に働いた期間が短い、転職回数が多いなど、どう説明したら良いか分からない。という方も多くいます。

採用担当も重要視する部分かと思いますので、自身でしっかり説明出来る・文章が書ける方は問題ないかと思います。

私は、1年目で転職。

医療業界の右も左も分からない中で、どう記載したら良いか、説明したら良いか分かりませんでした。

テンプレートはネットで調べれば出てきますが、実際に使えるものはありませんでした。

1人1人の退職理由や志望動機は異なる為、当然見つかるはずがないですね。

そんな時に頼りになったのが、看護師転職アドバイザーの存在でした。

個人での看護師転職活動には様々な対応を1人でこなしていく力が必要です。

ご自身で

臨機応変に対応出来る方には看護師転職サイトを頼らなくても良いかもしれません。

看護師転職サイト利用のメリット

希望条件に添った求人情報を得られる

看護師転職サイトに登録をし、面談を経て希望条件を伝えると、希望に添った求人案件の連絡がもらえます。

web検索しても求人件数は沢山あり、その中で条件にあった案件を絞っていくには相当な労力が必要です。

このステップの手間を小さくしてくれるのが、看護師転職サイトのアドバイザーです。

看護師転職サイトのアドバイザーは希望に添った求人情報を吟味してくれるので選択肢が絞られ、探すのが楽になります。

(詳しい説明をせずに求人案件を紹介、YES/NOで回答を求める転職アドバイザーは事務的なのでやめておいた方が良いです)

もちろん、気になる案件がない場合、転職アドバイザーにその旨を伝えると、また探してくれます。

必要な時は随時電話にて面談を行い、追加情報や近況状況を伝えてくれていました。

この繰り返し作業となりますが、悩んだ時、相談したい時、疑問を持った時、詳しい情報を掘り下げたい時に"頼れる"看護師転職サイトのアドバイザーがいると気持ち的にも安定します。

病院内部の情報を得られる

病院の内部事情は、転職求人案件の情報からは見えません。

看護師の退職理由として多いのが、人間関係です。

その他、勤務時間・教育・リスク管理・組織など色々な退職理由もあるかもしれません。

しかし、命を預かる、リスクが多い現場なので、人間関係が悪いと必然的にチームワークが乱れます。

すると、インシデントやアクシデントが増える職場になる傾向があります。

人為的なミスは避けられませんが、人のフォロー体制で予防していく事は出来ます。

故に、転職活動の際、アドバイザーには必ず現場での人間関係について必ず聞いています。

  • 師長はどんな人か?
  • 病院内の人間関係は?
  • 離職率は?
  • 紹介後、入職した看護師はいるのか?
  • その看護師はまだ働いているのか?
  • 紹介後、退職した人の理由は?
  • まだまだ、聞く事はありますが、上記のような情報収集を行いました。

    アドバイザーによっては、あまり病院の内部事情を持ってない人もいます。

    経験が浅いのか、情報を取れていないのか、やる気がないのかは分かりません。

    情報を持ち、経験と知識、アドバイス力のある優秀なアドバイザーを見つけて下さい。

    ここがファーストステップです。

    面接が可能か事前に病院側に聞ける

    通常、面接までの流れは 履歴書送付→書類審査→面接 となります。

    しかし、看護師転職サイト経由では、面接前に履歴書を先方にデータベースで送付→面接OKか先方が判断してくれます。

    とても効率的だと思いませんか?!

    面接がNGの場合、次の案件を病院やクリニックを担当のアドバイザーが探してくれます。

    そして、何枚も履歴書を書かなくて良いのです。

    面接OKとなれば、面接の準備に入ればOK。

    病院やクリニック側への調整や連絡は全てアドバイザーが行ってくれるので、看護師側はYES/NOなどを判断すればOKなのです。

    労力と時間が効率的に使え、サポート体制もある。

    看護師転職サイトの役割は良いシステムだと考えます。

    履歴書・志望動機などの書類関連をチェックしてもらえる

    看護師転職サイトに登録後、面談を経て、日程調整が始まる頃に履歴書・職務経歴書が求められます。

    転職の際、必ず悩むのが、志望動機や退職理由です。

    文章の書き方、言い回し、面談先にとってどのような文章にしたら印象が良いのか悩みますね。

    しかし、アドバイザーがいれば、いつでも相談出来てある程度考えてくれます。

    私が信頼しているアドバイザーさんが1人います。

    看護師1年目に転職を考え、何社(3-4社位)か看護師転職サイトに登録した中で、唯一、優秀なアドバイザーさんでした。

    この方のサポートは本当に素晴らしく、履歴書の志望動機も考えて下さり、修正しようのない位の文章力がありました。

    自分でも面接対策を行い、どのような回答が望ましいか相談し、面接時の想定する質問や答え方も教えてくれました。

    質問者に対して"正解"はありませんが、悪い印象を与えない方法・良い印象を与える回答方法はあります。

    このように、優秀なアドバイザーを見つけると、、

    • サポート体制が充実する
    • 精神的安定が得られる
    • 何でも相談出来る
    • 自信がつく

    上記のように、ポジティブな思考回路となり、面接までの準備がしっかり出来ます。

    また、転職活動の準備をする事で、前に進めている感覚も掴め充実感も生まれます。

    アドバイザーによっては面談の付き添いがある

    面接の際、緊張して上手く話せるのか不安。という方は多いでしょう。

    誰でも面接は不安で緊張します。

    看護師転職サイトのアドバイザーによっては、面接に付き添ってくれる方もいました。

    もし、希望がある際はアドバイザーに希望を出してみましょう。

    日程調整などが発生するかと思いますが、出来るだけ調整して同席してくれると思います。

    交渉する価値はあります。

    このように、看護師転職サイトに登録し、信頼出来るアドバイザーを見つけると、不明点を聞けたり、相談にも乗ってくれるので効率がとても良いのでオススメです。

    知らない・分からない事をずっと考えても、良い方向性や解決方法は見つかりません。

    プロを頼った方が良い方向性が見えてくると思います。

    是非、ご検討下さい。

    スポンサーリンク