サイゼリアのランブルスコはコスパ最強!安く美味しく飲めるワイン。

2020年1月9日

サイゼリアのランブルスコは美味しい

今日は。
美味しい物が大好きなあんこです。

サイゼリアにはとても大好きなスパークリングワインがあります。

それは、「LAMBRUSCO ROSATO(ランブルスコ ロザート)」です!

スポンサーリンク

ランブルスコとは?安さの秘密は?

ランブルスコとは、イタリアのエミリア・ロマーニャ州で作られる、スパークリングワイン(赤ワイン)。

エミリア・ロマーニャ州はボロネーぜ、ミジャーノ・レッジャーノ、バルサミコ酢、パルマの生ハム、などの産地です。

グルメな町で作られており、美食家が作った美味しいワインなのです。

ランブルスコとは、黒ブドウの品種名。

ランブルスコ種のブドウから作られるワインなのです。

ランブルスコ種のブドウは大量の実がなるので、沢山のワインを作りやすいんです。

大量生産をしやすい品種なのです!これが安さの秘密ですね。

サイゼリアのランブルスコ3つの魅力

1.価格がリーズナブル

サイゼリアのランブルスコは大きさが4種類あり、大きさによって価格が異なります。

サイゼリアのランブルスコ価格

グラス、デカンタ(250ml)、デカンタ(500ml)、ボトル(750ml)の4種類です。

価格(税込)は以下の通りとなります。

グラス 190円

デカンタ(250ml) 380円 100mlあたり約152円

デカンタ(500ml) 740円 100mlあたり約148円

ボトル(750ml) 1100 円 100mlあたり約146円

グラスは容量の記載がなく明確な数字は分かりませんが、価格の幅から推測しますと120−130ml位でしょうか。

どの大きさでも100ml辺りの値段はさほど大きな差はないのでいつでも気軽に追加も出来ます。

外食に行くと、グラスを何杯も頼むより、ボトル1本注文した方がお得なこともあり、悩む事もあります。

サイゼリアのランブルスコであれば、大きめの量が飲めるのか分からない状況でも、小さな量から頼みやすく、追加も注文しやすいので安心ですね。

飲みやすい!料理に合わせやすい!

サイゼリアのランブルスコは、ほんのり甘くて、微炭酸。

甘すぎず、さっぱりとした味で、どんな料理でも合うので食事に合わせやすい利点があります。

お酒の好きな方には、甘くてジュースみたいという方もいるかもしれませんが、微炭酸なのでスッキリした味に感じられるでしょう。

炭酸の程度は、口にランブルスコを入れるとほんの少しシュワシュワ感じられる程度です。

炭酸が強ければ強い程、グラスにも気泡が沢山泡がつきますが、サイゼリアのランブルスコは小さな気泡がポチポチ付く程度です。

炭酸が苦手な人でも飲みやすいと思います。

可愛い!

サイゼリアのランブルスコは綺麗なピンク色。

透明な(プラスチック製の)グラスに入れるととても綺麗な色です。

注いだランブルスコのグラスがテーブルにあると、華やかになります。

サイゼリアのランブルスコはコスパ良い

女子会にも、デートの場合でもピンク色の飲み物は可愛さアップになります。

私はいつもボトルを友達とシェアしますので、この可愛い色に癒されつつ、料理を楽しんでいます。

サイゼリアのランブルスコは持ち帰り出来るの?

結果から言いますと、テイクアウトとしてのお持ち帰りは出来ません。

ただ、飲みかけのボトルを持ち帰ることは可能だそうです。

こちらのスパークリングワインは販売用に仕入れた訳ではないため、店頭販売はしていないということですね。

サイゼリアのテーブル注文用に仕入れており、店内での提供用に購入しているとの事でした。

ですので、一度、テーブルに運ばれ、お客さんが飲めなくなったボトルを持ち帰るというプロセスであれば持ち帰りが出来るそうです。

サイゼリアのランブルスコは持ち帰って飲みたいと思い、サイゼリアに電話をしてみましたが、残念ながら店頭販売はありませんでした。

是非、機会があればサイゼリアのランブルスコを飲んでみて下さい。

スポンサーリンク